源氏物語小屏風絵‐胡蝶‐

上:『源氏物語』の「胡蝶」巻で、紫の上は、秋好む中宮の「季の御読経」の催事に際して供華を行ったが、その時の使者として遣わされたのが、「迦陵頻」と「胡蝶」を舞う童子たちであった。庭の舞を見る画面奥の秋好む中宮と光源氏、春爛漫の六条院、西南の町である。

源氏物語小屏風絵-胡蝶-
(個人蔵、江戸初期)

下:「龍頭鷁首を、唐のよそひに、ことことしうしつらひて、楫取の棹さす童べ、皆みづら結ひて、唐土だたせて、さる大きなる池のなかにさし出でたれば、まことの見知らぬ国に来たらむここちして」―『源氏物語』「胡蝶」巻より

源氏物語小屏風絵‐胡蝶‐

研究会に関するお問合せ


メールにてお問合せください。
Eメール:o-kawaji@io.ocn.ne.jp (東洋大学客員教授 河地修)

入会お申込み


随時受け付けています。会費は無料です。お気軽にお申し込みください。

件名は「王朝文学文化研究会申込み」として、お名前、メールアドレス(必須)、電話番号、住所をお知らせ下さい。 (送信の不具合など不明な点は web担当にご連絡下さい。)
※会員への連絡はホームページで行います。

お問合せ


メールで御連絡ください。
Eメール:ouchouken@o-kawaji.info